ひきこもり紫が先輩に副業(輸出)教えます (1)~ライバルの少ないShopeeがお勧めです~ 1

副業(輸出)

1.夜、コンビニで、ダンボールを抱えて

果乃
果乃

「わ、危ない」

(コンビニから出てきた人とぶつかるところだった。荷物をいっぱい抱えてて、前が見えてない?)

コンビニから出てきた女性
コンビニから出てきた女性

「す、すみませんっ、ごめんなさい!」

果乃
果乃

「ううん、いいのよ。だけど、前は見て歩いたほうがいいわよ?」

コンビニから出てきた女性
コンビニから出てきた女性

「は、はい。すみません。そうします」

果乃
果乃

(荷物の横からのぞく体勢で、今度は荷物が崩れそう。ハラハラ。あれ? この声……後ろ姿……)

「ねえ、もしかして」

コンビニから出てきた女性
コンビニから出てきた女性

「ハ、ハイッ!」

果乃
果乃

「ああ、大丈夫だから落ち着いて。違っていたら申し訳ないけど、更級さん?」

コンビニから出てきた女性
コンビニから出てきた女性

「え?」

(チラッ)

「くくくく……熊野さん!」

果乃
果乃

「やっぱり、更級さん。久しぶり。とりあえず、目の前から荷物をどかすわね」

(ヒョイ)

「あら、意外と軽いのね?」

更級さん
更級さん

熊野さん。も、申し訳ありません。わたし、自分で持てますので!」

果乃
果乃

「いいから。車まで運ばせてよ」

(ニコッ)

更級さん
更級さん

「あ、いえ、歩いてきてるので……」

果乃
果乃

「そうなの? わあ、じゃあ、ご近所さんだったんだ。私も、ここから自転車ですぐの所に住んでるの」

更級さん
更級さん

「へ、へえ、そうなんですか。奇遇ですね……」

果乃
果乃

「うん、奇遇ね」

(トコトコ)

更級さん
更級さん

「じゃあ、そういうことなので」

果乃
果乃

「うん、そういうのとなので?」

更級さん
更級さん

「あの、荷物を戻していただいて……」

果乃
果乃

「何言ってるの」

更級さん
更級さん

「ヒエ」

果乃
果乃

「こんな夜道を女の子が歩いて帰るって聞いて、荷物を目の前に積んで戻せますか。せっかくだから、家まで運ぶわよ」

更級さん
更級さん

「え、えええぇ?」

果乃
果乃

「上がったりしないから、家の前まで案内して」

更級さん
更級さん

「……そ、それじゃあ、申し訳ありませんが、お願いします。でも、もしお時間があれば、少し上がっていってください。もし、お時間があればでいいですけど」

果乃
果乃

「あら、本当? ありがとう。嬉しいわ。ぜひ!」

(更級さん、休職してから1年ぶりだな。うつ病って聞いて、気になってたのよね。別部署であまり話したこともないから、連絡できなかったけど)

更級さん
更級さん

(トコトコトコ……チラッ……トコトコトコ……)

果乃
果乃

(トコ、トコ、ニコッ、トコ、トコ、)

副業(輸出)
スポンサーリンク
河森 一をフォローする
会社で聞けないお金の話

コメント

タイトルとURLをコピーしました