【社労士の父が娘と解決したい、まだまだこれからの年金記録問題】2

[会社に入ったら厚生年金]

「テスト終わったー」(^^♪

「お疲れ」(^o^)o

「国語はできたけど、数学が全然できなかった」|ω·`)

「うーん、お父さんもお母さんも数学は苦手だったから、仕方ないね。理系の考えさせる数学はともかく、文系の数学なら、問題を繰り返しやれば、ある程度いけるよ。暗記ものと割り切るといいよ」(^^)

「そっかー。そうしてみる」(∵`)

「そういえば娘さんは、将来やりたいこととか考えてる?」(^o^)o

「ん? 考えてない」(˘ω˘)

「お父さんは、発明家になりたかったな」f^^*)

「数学苦手なのに?」(゚o゚;

「そう。高校の理系で挫折して、大学は文系に行ったけどね」(´∇`)

「わたしは素直に文系にするよ」_( _︶⌓︶ )_

「それがいいね。それで、会社に入ったり公務員になると、国民年金じゃなく厚生年金に入るんだよ」(´∇`)

「ああ、この間言ってた『年金』ね。会社に入ると、2つも年金も払うの?」(∵`)

「いや、厚生年金に入ると、自分で国民年金は払わないんだ。厚生年金の保険料の中に国民年金も含まれてるからね」(^^)

「じゃあどっちみち、国民年金と厚生年金を合わせた分、払うってことじゃない?」( ´∵`)

「それがちょっと違う。単純に国民年金の保険料に厚生年金を上乗せするんじゃなくて、給料がいくらかで厚生年金の保険料は決まるんだ」(^-^)

「んー、給料が安ければ、国民年金よりも安くなることもあるの?」(๑•﹏•)

「そう。さっすが。社労士になれるよ」(o^^o)

「えー」(··)

「簡単に言うと、給料の18.3%でその人の厚生年金保険料が決まって、それを会社と本人で折半する」(^_^)ノ

「…全然簡単じゃない」(ꐦ ´͈ ᗨ `͈ )

「ああ、そうだよね、ごめんね。じゃあ具体的な金額で言うね。給料が88,000円だと、えーと、だいたい1万6千円ぐらいが保険料で、自己負担はその半分の8千円ぐらいになる」(^O^;)

「8千円? それなら国民年金より安いね」(゜▽゜)

「そう。国民年金は16,610円だから、自己負担は半分ぐらいになるんだ」(^-^)

「もらう年金は、その分少なくなるの?」(´-ω-`)

「国民年金に関してはそうならない。国民年金は保険料をいくら払ったかじゃなくて、何ヶ月分国民年金として払うか厚生年金とかに入ったかで計算されるから。つまり、厚生年金に入ってることで保険料の高い安いに関係なく、国民年金は16,610円払ったのと同じように計算されるんだよ。その上、厚生年金も上乗せでもらえる」(*^^)v

「うーん…」( ¯·ω·¯ )

「よく言われるのが、国民年金と厚生年金は2階建ての家をイメージしてみて。1階部分が国民年金で、2階部分が厚生年金ね。ちなみに厚生年金は国民年金と違って、保険料の元になった給料の金額に比例してもらう年金の金額が決まってくる。だから厚生年金はかけた年数が同じでも、もらう年金はその人の給料に応じて違ってくるんだ」(^o^)o

「おー。お父さんは?」(。ò ∀ ó。)

「お父さんは今は国民年金だけど、会社で厚生年金をかけてたこともあるからね。少しは厚生年金もあるよ」(´∇`)

「少しかー」(´△`)

「はは。ちなみに年金をもらい始めるのは、国民年金と同じ65歳からだよ。おじいちゃんの世代は60歳からだったんだけど、法律が変わって引き上げられたんだ」ヽ(´ー`)ノ

「じゃあ、わたしの頃は70歳からとか?」(··;)

「いや、もらい始める年齢の引き上げは65歳までで止まったから、娘さんの頃も65歳からだよ」(゜▽゜)

「本当に〜?」( ´∵`)

「う、本当だよ。だけど、うーん、法律が変わったら話は別だけどね」^_^;

「ほらー」(=_=)

「ただし、そうはならないように、今の制度のまま続けられるように、調整される仕組みはあるんだ。年金を払う人が減ってもらう人が増えたら、お金が足りなくなってしまうから、そういう場合はもらう年金が下がるようにね」(。ӧ◡ӧ。)

「下がるのか〜」(><)

「ちなみに、日本全体の給料や物価が上下すれば、年金も連動して上下するような仕組みにもなってる。長い目で見ると物価は上がっていくものだから、多分娘さんの頃の年金は、今よりも高くなってるんじゃないかな。分からないけどね」(*´∀`)

「お父さん、年金少なくて大丈夫?」(◜०﹏०◝)

「! お父さんなら大丈夫! なんやかやで会社員時代より今のが稼いでるからね。イデコやニーサもあるし」(*°∀°)=3

「イ、イデコ…」(; ゚゚)

「あ、これはまた別の話だから、忘れて忘れて。国にちょっと優遇された投資のことだよ」(^^;)

「投資…年金とは違うの?」φ(゚-゚=)

「そうだね。年金は、投資というよりは保険だよ。何しろ生きてる限りずっともらえるし、インフレにも対応するし、障害や死亡にも…とと。まあその辺りの話はまたにしようか。今日はテストお疲れ様会だ」(★‿★)

「んー、疲れた。アイス食べたい」_( _︶⌓︶ )_

「よし、買ってきてあげるね! 何がいい?」(^-^)

「ハーゲンダッツの期間限定」(*゚▽゚)ノ

「コンビニ行ってくる!」ε=┏(·ω·)┛

年金小説
スポンサーリンク
astをフォローする
社労士とFPの勉強が役立ちました

コメント

タイトルとURLをコピーしました