スポンサーリンク
休職体験談

退職を決意し、最悪まで想定していたプランB ~体験談~

会社から一刻も早く縁を切りたい、という気持ちが強いときに、私は最悪を想定した「プランB」を考えていました。退職した場合のあれこれです。希死念慮による保険事故を想定して、生命保険の保険金支払いに関する免責事由も念入りに確認しました。
休職体験談

休職中の住民税とふるさと納税の注意点 ~体験談~

休職により住民税が給与天引きされなくなると、6月~翌年5月で分割支払予定だった残金の請求が来ます。所得税の給与天引きは見込額の先払いなので、残金の請求は来ません。ふるさと納税は所得に応じて税額控除の限度額あり。給料がとまると限度額が下がります。
休職体験談

休職中に請求される社会保険料のプレッシャー 〜体験談〜

ケガや病気で休職した場合の健康保険料と厚生年金保険料について紹介します。どちらも、休職前と変わらず保険料が発生します。しかし、休職中で給与天引きができなければ、会社に立て替えてもらった分を返金しないといけません。そのダメージを、私は甘くみていました。
休職体験談

私が会社を休職して「傷病手当金」をもらうまで ~体験談~

私が会社がイヤになってうつ病になり、休職して「傷病手当金」を受け取るまでの体験談です! 実際に入金されるまでは、細々した心配と通帳残高の減り具合に、HPを削られる思いの日々でした。 もらうための条件を間違えてもらい損ねることのないように、ハラハラしました。
休職体験談

私が精神科の医療費をタダにしてもらうまで ~体験談~

もう会社にいきたくない、つらい気分がずっと続く、ということはありませんか? だけど、精神科に行くのは敷居が高い、という方に、私の通院体験をご紹介します。精神科の医療費が1割負担~タダになる助成制度の利用手順も丁寧に書きました。お医者様に処方された睡眠導入剤はよく効きます。ひどく落ち込んだら、まずはゆっくり眠りましょう。
休職小説

社労士の父が娘に伝えたい、うつを助ける社会保障(後編)

社労士の父は娘さんに、自分がうつ病になった体験談から、『傷病手当金』の給付を受けたり、雇用保険では『就職困難者』として通常よりより多くの『基本手当』がもらたりしたことなどを話します。精神科の治療費も、『自立支援医療』や市の助成で自己負担なしでした。ただし、いずれも自己申請です。
休職小説

社労士の父が娘に伝えたい、うつを助ける社会保障(前編)

社労士の父が愛する娘に、かつて自分がうつ病になっても、傷病手当金や雇用保険に助けられた話をします。会社づとめをしていた父はうつ病から給食になり、傷病手当金を受けますが、その後、退職します。退職後も傷病手当金を継続受給するための条件には要注意です。
年金給付

「年金見込額」スプレッドシート(β版)

厚生年金の各月の標準報酬月額、標準賞与額と、国民年金の各月の納付状況を入力することで、「年金見込額」を計算するスプレッドシートを作りました。検証が不十分なものなので、皆様にはデバッガーのお気持ちでご使用いただき、不具合等をお知らせいただけると嬉しいです。
年金給付

【ひと目でわかる】障害年金(精神)にかかる障害等級の目安

「精神の障害」の診断書から、該当する「障害等級の目安」がひと目でわかるように、Googleスプレッドシートを作成しました。コピーしてご使用ください。ただし、実際の障害年金の決定に際しては、この目安以外の要素もあわせて、総合的に判定されることにご留意ください。
年金給付

【ひと目でわかる】令和4年分 年金の「扶養親族等申告書」

「扶養親族等申告書」の書き方がひと目でわかるように、Googleスプレッドシートで「書き方ツール」を作りました。コピーしてご使用ください。収入から自動計算で所得金額、申告書の提出の必要・不要、申告書の記入欄などがわかります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました