スポンサーリンク
年金記録

記録に「空いている期間」があったら

 35歳、45歳、59歳に届く全期間の「ねんきん定期便」では、「年金の加入履歴」について「空いている期間があります。」と書かれていることがあります。年金記録の漏れを調査するための手続き方法と、期間が空いていても問題ないケースについて、まとめます。
年金記録

年金相談の予約方法と持ち物

年金事務所へ年金相談に行く際は、事前の予約をして、本人確認書類を持っていく必要があります。代理人の場合には委任状も必要です。委任状の日付の書きもれがあるだけでも、個人情報を聞くことができません。年金相談に行く際の、細かいけど重要な注意点などをご紹介します。
年金記録

年金額回復の具体的事例の紹介

長期間の年金記録の「もれ」が見つかった場合、生涯にわたって受け取る年金の増加総額は、1000万円を超えることがあります。お亡くなりになられた方の年金についても、一定の条件でご遺族の方が記録を確認して、「もれ」が見つかればその差額を受け取ることができます。
年金記録

年金記録の確認方法

年金記録の確認方法を各種ご紹介します。「ねんきん定期便」は毎年送られてきますが、基本直近1年分の記録しか詳しく分かりません。「ねんきんダイヤル」に電話すれば、記録を送ってもらえます。年金事務所の窓口に行くのなら、身分証明書や、代理人なら委任状を忘れずに。
年金記録

「ねんきんネット」のすすめ

 日本年金機構の「ねんきんネット」を利用することで、年金記録の確認を簡単に行えるだけでなく、「持ち主不明記録検索」により、「宙に浮いた年金記録」を探すこともできます。  自分だけでなく、亡くなられた方の記録を遺族の方が探すこともできます。心当たりがあればお試しを。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました